レーザー脱毛にはやけどの危険性がある

レーザー脱毛はレーザーを皮膚に照射し、これをメラニン色素を多く含んでいる毛根に吸収させて発熱させ、この熱でダメージを与える方式です。

この時に使用されるレーザーの出力は高く、皮膚もダメージを受けるため、ゴムで弾かれるような痛みを感じます。

このレーザーは色素に対して反応するため、日焼けなどで色素が濃くなっている部分へ照射した場合、皮膚によるレーザーの吸収率が高くなってやけどする危険性があります。そのため、皮膚の状態によっては利用できないこともあります。

しかし、皮膚による吸収率を抑えたレーザーもあり、それを使用している医療機関であれば色素の濃いところでも利用できる場合があります。


やけどのリスクがある脱毛

レーザー脱毛時に最も気をつけなければならないのは、やけどです。

出力が強すぎたり、照射前に塗ってもらうジェルが薄すぎたり、様々な理由によってやけどは発生します。違和感や痛みを感じたら、すぐに処置をすることが大切です。

照射直後に気付かないことがあるのは、皮膚全体が少し赤みを帯びているからです。施術後には必ず自分の肌を一度チェックして、他の部分よりも熱くなっているところはないかを確かめることが大切です。

熱くなっている部分は、保冷剤等で冷やします。冷やし過ぎだと思う位に冷やしておいた方が、後々の経過は良好です。


レーザー脱毛で気をつけることとは

レーザー脱毛で気をつけなければならないのは、やけどです。

光脱毛よりもやけどをすることが多いのは、出力が強いからです。出力が強ければ当然リスクも高くなりますが、医療レーザー脱毛なら医師の指示において施術が行われますので安心です。

万が一やけどを起こしてしまったら、すぐに病院に行って適切な処置をしてもらうことが大切です。医療レーザー脱毛の直後なら、医師が迅速に対応してくれます。

軽度なもので、家に帰ってから気づいたという場合には、保冷剤でしっかりと冷やしておけば、大抵はすぐに引いていきますので心配はいりません。